ニトウのマンション運用 ー NITOH株式会社

  • お客様相談窓口:フリーダイヤル0120-979-001
  • マンション運用資料請求
  • お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ

マンション運用

老後の私的年金準備 ー老後の収入源ー

【解説】老後の私的年金準備

将来の老後の暮らしを支えてくれる収入源として、不動産運用をご検討される方が増えています。
その理由は、現在の公的年金の支給額は、65歳以上の夫婦で月額約23万円(年間約280万円)に対し
総務省が試算する夫婦の老後の生活費は月額約30万円と、不足していると言われているからです。

また、少子高齢化が進む中で、今後も公的年金(GPIF機構、KKR)は株や債券への運用、
外国への運用もされていくことになり、私たちの老後はますます不安視されることになります。

NITOHの「マンション運用」は、
そんな未来の暮らしを安定して過ごせるよう支えてくれる「私的年金」と言えます。
家賃収入は、景気動向に左右されづらいため
安心・安定した老後生活を育んでいけることでしょう。

夫婦で老後の生活費は月額いくら?

生命保険文化センターの意識調査では、最低日常の生活費で月額22万円が必要、普通の生活費で30万円、
ゆとりある生活では35.4万円が必要と公表されています。
下の図は、男女の平均寿命を基に夫婦の老後生活資金をシミュレーションした結果です。
最低限の生活でも7,000万円、ゆとりある生活では実に1億2,000万円も必要となります。

老後の私的年金準備1

老後の1か月の生活費は?

安心して老後を送るためには、いくらお金があれば安心なのでしょうか。
一概に「ゆとりのある暮らし」と言っても、必要額は人によって異なります。
夫婦2人の老後生活を例にとってみてみましょう。
1か月に必要な日常生活費は、最低で22.3万円。
経済的にゆとりのある生活を送るために必要な費用は、1か月36.6万円と、14.3万円の差がありました。
ゆとりのある生活のための上乗せ額を何に使いたいかをみると

「海外旅行や国内旅行・レジャー」がもっとも高く、「趣味や教養」「身内とのつきあい」と続いています。
人生最後の夫婦での自由時間を楽しく過ごすためにマンション運用が「私設年金」の役割になります。

老後の私的年金準備2

出典元:生命保険文化センター 平成22年度「生命保険に関する全国実態調査」

< 保険代わりとして | 相続効果・節税 >

NITOHの投資用物件RELIA

マンション運用資料請求

  • マンション運用資料請求
  • お問い合わせ

シェアする

  • Facebook
  • twitter
  • Google+
  • Line

このページのトップに戻る