ニトウのマンション運用 ー NITOH株式会社

  • お客様相談窓口:フリーダイヤル0120-979-001
  • マンション運用資料請求
  • お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ

マンション運用

インフレ対策 ー物価上昇に勝つー

【解説】インフレ対策

インフレとは「モノ」や「サービス」などの値段が上がり、お金の実質的価値が下がることで、
これまで100円で買えた「モノ」が110円、120円になるなど
今までよりも多くのお金が必要になることです。

経済成長をする国では必ず起きる現象で、
世界の先進国でのインフレ率は、年間2~3%ですから
たとえば30年後の物価が2倍以上になっていても不思議ではないということがいえます。
 
資産運用に無頓着な国民性からなのか、
実は日本人の99%の人がインフレ対策を取っていないと言われていますが
今の日本の状況を考えると早急なインフレ対策が必要です。
 
その背景にあるのが、1,000兆円を超えると言われる莫大な国の借金(財政赤字)で、
その借金を無くすためには、インフレを起こす以外の解決方法があまり考えられないのです。
実際に国の金融政策として、物価を上げようという動きが見られます。

もしこのまま何もせず、資産を現金で持っていた場合には
このインフレリスクをまともに受けてしまうことになります。
物の値段が上がったからと言っても、お金は勝手に増えないからです。

しかしマンションのように、現金から形を変えた「モノ(現物資産)」を持つことで
有効なインフレ対策になります。
なぜならば、インフレが起きている状況下では景気が上向きの場合が多く
不動産の価格などは上昇傾向に向かいます。
そしてそれに付随する「サービス(家賃)」も連動しやすいことから、
マンション運用はインフレに強い商品と言えるのです。

インフレ対策

< 相続効果・節税 | 他の金融商品と比べて >

マンション運用資料請求

  • マンション運用資料請求
  • お問い合わせ

シェアする

  • Facebook
  • twitter
  • Google+
  • Line

このページのトップに戻る