お客様相談窓口 0120-979-001
マンション運用無料資料請求

老後の私的年金準備

03老後の私的年金準備

老後の収入源

老後の暮らしを支えてくれる収入源として、マンション運用をご検討される方が増えております。
その理由は、現在の公的年金の支給額は、65歳以上の夫婦で月額約23万円(年間約280万円)に対し総務省が試算する夫婦の老後の生活費は月額約36万円必要と言われ、公的年金だけでは不足していると言われているからです。

また、少子高齢化が進む中、公的年金(GPIF機構、KKR)は株や債券への運用、外国債への運用もされていくことになり、私たちの老後はますます不安視されることとなっております。

NITOHの「マンション運用」は、未来の暮らしを安定して過ごせるようにするための「私的年金」と言えます。

家賃収入は、景気動向に左右されづらいため安心・安定した老後生活を育んでいけます。

夫婦2人で、ゆとりある老後を過ごすために必要な生活費はいくら必要かご存知でしょうか?

生命保険文化センターの意識調査では、日常の生活費で月額22万円が必要、普通の生活費で30万円、ゆとりある生活では35.4万円が必要と公表されております。
下記は、男女の平均寿命を基に夫婦の老後生活資金をシミュレーションした結果です。
最低限の生活でも7,000万円、ゆとりある生活では実に1億2,000万円必要となります。

m_thumb03

老後の1か月の生活費は?

安心して老後を送るためには、いくらお金があれば安心なのでしょうか。
一概に「ゆとりのある暮らし」と言っても、必要額は人によって様々です。
けれど、夫婦2人の老後生活を例にとって見てみましょう。
1か月に必要な日常生活費は、最低で22.3万円。
経済的にゆとりのある生活を送るために必要な費用は、1か月36.6万円と、14.3万円の差がありました。
ゆとりのある生活のための上乗せ額を何に使いたいかをみると「海外旅行や国内旅行・レジャー」がもっとも高く、「趣味や教養」「身内とのつきあい」と続いています。
人生最後の夫婦での自由時間を楽しく過ごすためにマンション運用が「私的年金」の役割になります。

estmng_a03_img02-790x418

お客様相談窓口

0120-979-001

受付時間:10:00 ~ 19:00

メールでのお問い合わせ

マンション運用資料請求

ニトウのマンション運用資料のご請求は
下記お問い合わせフォームより承ります。

資料請求フォーム

採用情報

ニトウの採用情報については
下記ページをご確認ください。

採用情報を見る