ニトウのマンション運用 ー NITOH株式会社

  • お客様相談窓口:フリーダイヤル0120-979-001
  • マンション運用資料請求
  • お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ

ニトウブログ

新型コロナウイルス関連倒産900件!

2021年1月18日マンション編

今日1月18日の12:35配信の「YAHOOニュース」の「新型コロナウイルス関連の倒産が900件に」が気になり記事を詳しく見ると、

 

倒産

【下記記事の内容】

—————————————————————————————————————————————————————–

新型コロナウイルスの影響を受けた倒産(法的整理または事業停止、負債1000万円未満・個人事業者含む)が

全国で900件<法的整理810件、事業停止90件>に達した。帝国データバンクが1月18日正午までに確認した。

900件の負債総額は3618億9000万円で負債1億円未満の小規模倒産が471件(構成比52.3%)を占めている。

新型コロナウイルス関連倒産の第1号案件となった北海道三富屋(株)(北海道栗山町、コロッケ製造販売、

2月25日に破産手続き開始決定)が確認されたのが2月26日。

以後、確認ベースでの累計件数は、4月27日に100件、9月8日に500件、11月13日に700件、12月15日に800件と

推移し、1号案件確認から327日後にあたる1月18日に900件目を確認した。

発生月別に見ると、12月(119件)が最多。1月は18日正午現在で14件確認されている。15日には製紙業の

大興製紙(株)(静岡県富士市)が東京地裁へ会社更生法の適用を申請。負債は140億800万円で、

新型コロナウイルス関連倒産として4番目の大きさとなった

都道府県別では、「東京都」(222件)、「大阪府」(83件)、「神奈川県」(49件)、「静岡県」(44件)、

「兵庫県」(41件)、「愛知県」(39件)と続き、47都道府県すべてで発生。東京都と大阪府で全体の33.9%を占めている。

また、業種別では引き続き「飲食店」(141件)が最も多く、全体の15.7%を占めている。

以下、「ホテル・旅館」「建設・工事業」(各72件)、「アパレル小売店」(54件)、「食品卸」(46件)と続く。


倒産画像

ここで注目は業種別の「飲食店」が一番多いのと「アパレル小売店」「食品卸」です。

何かと言うと、私たちは人が生きる上で必要不可欠な「衣食住」の「住」を活用して将来不安の改善や、ご加入されている生命保険の見直しをご提案しています。

必要不可欠の「衣食住」の「食」が一番多く(114件)、「衣」も(54件)あるなかで、「住」となる不動産は無いです。

同じ必要不可欠でも大きな差が生じています。

今後も私たちは普遍的な不動産運用をお客様の問題解決の手段としてご提供していきます。

営業部

 

これからマンション運用を始めたい方へ

月別アーカイブ

マンション運用資料請求

  • マンション運用資料請求
  • お問い合わせ

シェアする

  • Facebook
  • twitter
  • Google+
  • Line

このページのトップに戻る