お客様相談窓口 0120-979-001
マンション運用無料資料請求

ニトウブログ

NITOH株式会社 今日は【いい夫婦の日】

2021年11月22日マンション編

11月22日の今日は、多くの方がご存知と思いますが「いい夫婦の日」です。

1988年(昭和63年)に現在の日本生産性本部余暇総研である余暇開発センターが、「いい(11)ふうふ(22)」の語呂合わせと、11月の「ゆとり創造月間」の期間であることから記念日に制定したそうです。

o0400040014307789641

歳の差夫婦、週末夫婦など色々な夫婦の形がありますが、夫婦とはなんでしょう・・・

そこで夫婦とは何か調べてみました!

 

キリスト教の教えに、『地上の天使』という物語があるそうです。

物語の内容は、

空を飛ぶ天使は2枚の羽根をもっているが、地上の天使、つまり私たち人間は生まれたときに羽を1枚しかもっていない。しかし、結婚して夫婦になると2人の羽根を合わせて2枚の羽根を持ち、空を自由に飛べるようになるのだ、という話です。

 

私たち人間は、夫婦になってはじめて完成された存在になるのだという比喩です。

確かに、夫婦だとより豊かな人生を送れそうなイメージがあります。

 

入籍すれば、法律上は夫婦になります。しかし、それだけでは本当の夫婦にはなりません。

大学を卒業した新卒は、入社すれば社会人ですけど、直ぐに社会人になれるかというと、そうではなく、研修を受け、失敗を重ねて少しずつ立派な社会人になっていきます。

夫婦も全く同じで、入籍したから直ぐに仲良し夫婦になれるわけではありません。

仲良し夫婦になるには、腹を立てたり言い争いをしたり、仲直りしたり、励まし合ったりと、夫婦の失敗や成功を重ねて少しずつ仲良し夫婦になっていくものです。

つまり「夫婦は一日にしてならず。仲のいい夫婦は努力の賜物」というわけだそうです。

 

現在、未婚率が上昇していますが、一方で再婚率も上昇しています。つまり、結婚の経験がない人はなかなか結婚しないけれど、一度結婚生活を経験した人は、その価値がわかるので、再び結婚を望むことが多いということです。夫婦生活には、ごきげんな魅力がたくさんあることを、誰もが直観的に理解しているということなのでしょう。

 

さて、皆さんは長寿大国である日本人の平均寿命が、男女とも過去最高を更新したことをご存知でしたか?

男性が81.64歳、女性は87.74歳と、何と!それぞれ9年連続のプラス延びています。

本来、長寿は大変喜ばしいことですけど、年金問題や社会情勢などにより「長生きリスク」と言われるほど、老後生活には不安がつきものです。

少子高齢化など様々な要因により、歳出に対する税収等は約2/3しか賄えておらず、残りの1/3は公債金(借金)で構成されています。

歳出は一貫して伸び続ける一方、税収はバブル経済が崩壊した1990年度を境に伸び悩み、その差は公債の発行で穴埋めをしてきました。

足元では、新型コロナウイルス感染症への対応により、拡大する歳出の負担は、消費税の引き上げや、社会保障制度の崩壊など、国民にしわ寄せが来ます。

特に高齢化が進む日本の年金制度は、明るい兆しが見えてきません。

p02

そこで、奥様がいらっしゃる方々!男性よりも長生きされる女性が一人で過ごす老後生活資金のために、東京圏のマンション運用を一度検討してみませんか!?

 

営業部

これからマンション運用を始めたい方へ

月別アーカイブ

お客様相談窓口

0120-979-001

受付時間:10:00 ~ 19:00

メールでのお問い合わせ

マンション運用資料請求

ニトウのマンション運用資料のご請求は
下記お問い合わせフォームより承ります。

資料請求フォーム

採用情報

ニトウの採用情報については
下記ページをご確認ください。

採用情報を見る